これでSoftware Design 2014年分のレビューも終わり。まあ実際は2015年1月号も2014年発売だし、既に書いた2014年1月号は2013年発売だけど。

第1特集はDockerの話。筆者も勘違いしていたが、Dockerはコンテナ型仮想化を提供するソフトウェアではないんだね。FreeBSDのjailとか、この手の仮想化は昔からあるので何を今更と思っていたけど、Dockerの真骨頂はdocker hub。出来合いのミドルウェア構築済みイメージを使い捨てで使うためのパッケージなんだね。

第2特集はVPN、というかSoftEtherの話。この記事の内容からは脱線してしまうが、httpsを使ってファイアウォールを抜けるという話を読んで、以前同様のトンネリングツールのstoneを使っていたことを思い出した。作者の仙石さんは長くKlabのCTOだった人。今はwol(wake on lan)のツールにもお世話になっている。