2003-2004シーズン前半を振り返る ~その3 チェルシー・ニューカッスル・リバプール編~

チェルシー


前に書いた通り、油様のオイルマネーで実質的に新しいチームを作ってしまい、それがうまくいって現状ではトップ3をキープしている。新加入選手はスーパープレイヤーが多く、中でもマドリーからやってきたマケレレは、ランパードとの中盤コンビで絶対的な信頼を得るほど活躍している。ダフヴェロンが怪我で離脱したこともあり、どうしてもとっかえひっかえになってしまうトップのムトゥクレスポあたりに比べても、最も機能した補強だろう。しかしゼンデンゾラを放出したが、それが全く響いていないというのがまた凄い。


そこでこれからの戦いなんだが、チャンピオンズリーグも勝ち抜けてしまい、プレミア・FA・チャンピオンズを抱え込んでいるのは上位2チームと同様だが、この新造チームが一年目で3つとも制覇するというのは奇跡だ。いいチームではあるが、終盤の優勝争いが鮮明になるにつれて、チームをまとめる核のようなものがないのは不安材料だろう。ユナイテッドはそのチーム自体がシンボルであるし、アーセナルはアンリがいる、じゃあチェルシーはというと・・・・が浮かんでくるのはしょうがない。つまり、この冬のマーケットでさらにすげえのをバンバン取って、なんとか勢いで行ってしまえばどれか一つくらいは制覇できるのではないかと思う。


ニューカッスル


新加入はリーズからむしったリー・ボウヤーぐらいで、シーズン開幕当初は全然勝てない時期もあったが折り返し地点では定位置ぐらいに浮上している。なんつってもアランシアラーが目下得点王なのと、ダイアー・ボウヤー・ベラミーアメオビなど代表クラスの攻撃陣の調子が戻ってきてるんだろう。このまま優勝争いに参入してくれると楽しいんだが。


リバプール


リーズからむしったハリー・キューウェルの獲得がかなりでかい。左サイドをえぐってからの強烈シュートが冴え、チームも調子がよかったが彼を含む多くのレギュラーメンバーの怪我とともに段々試合がしょっぱくなり、結果勝ち点を重ねられずトップ3とは差が広がっている。ただハマンオーウェン・キューウェルが戻り復調すれば元々守備を基本とした手堅いチームだし、まだまだプレミアを盛り上げることぐらいはできるだろう。